家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

1UP2UP系


左側1個
 1UP2UPを少し変形させた形です。習得は難しくないので、挑戦してみると良いでしょう。


 これは、右手1個の時と違い、普通の1UP2UPの時から比べて、大きな変更が必要になります。


まず、左手メインでの1UP2UPを出来るようにする必要があります。

 普通の1UP2UPをご覧ください。
その際、4秒目あたりからの、真ん中のボールを左手で投げるようになったところに注目してください。
1UP2UP

 左手メインの1UP2UPとは、
右手では1個のボールを投げて、キャッチして・・・の繰り返しで、
左手で2インワンハンドをおこなっている状態の1UP2UPの事を指します。


 これができるようになったら、次の段階へ進みます。


 普通の左手メインの1UP2UPの場合の、ボールを投げ始めるときの左手の動きのみに注目してみてください。
ボールを投げ上げる順番が、「右側→左側」となっているのが分かると思います。

 そしてこの左側1個は、この順番を逆にし、
「左側→右側」という順番でパターンを始めることで完成します。


左側1個

 いつもと違った動きで、最初違和感を感じるかもしれませんが、
「1個投げて、2個投げて・・・」と、動きをひとつひとつ確認しながらゆっくり練習すれば、
自然と動きを体が覚えてくれるはずでしょう。


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る