家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

ミルズメス系


ショルダーオールリリース
 ボールを3個片手に持ち、一斉に投げ上げてスタートさせる技の1つで、肩の後ろから投げ上げるパターンです。


ボールの持ち方。軌道など(他のオールリリース技と同じ内容です)


 まずは、ボール3個をどう持つのか。どう投げるのか。どう取ればいいのか。
オールリリースの基礎の基礎から説明していきます。



@持ち方


ここでは右利きの方の解説をします。左利きの方も、左右逆にすれば良いだけなので、心配いらないですよ。


ボールはこのように持ちます。
1のボールは、中指・人差し指・薬指で三角形を作り、挟むように。
2のボールは、人差し指と親指で挟むように。
3のボールは、手のひらに乗せて、薬指と小指で上から押さえ込むように。

これは、5ボールの練習をするときなども、基本となる持ち方ですので、慣れておいて損はないでしょう。



A投げ方

そして、ボールはどう投げたら良いのか?
今回は、腕の力だけではなく、手首と指先の力も使います。

この3個のボールは、ただ投げればいいのではなく、高さに差をつけて投げる必要があるのです。
そこで、手首のスナップをかけ、指先にも力を込めて投げることで、1のボールを高く投げ上げることが可能となります。



そして、全体的には、ボールが上図のように上がるように投げましょう。



Bキャッチの仕方

 うまくボールを3個投げることができたら、今度はキャッチの作業に入ります。
簡単に説明すると、2のボールを右手、3のボールを左手で取り
1のボールをどちらかの手でキャッチすると同時にカスケードに入ります

動画をみていただくと分かると思いますが、
2と3のボールをキャッチするときは、クローキャッチで素早くおこなうのが良いです。

すぐに2と3のボールをキャッチしてしまい、1のボールが落ちてくるのを待ちましょう。


ショルダーオールリリース


今まで解説してきたオールリリースを、いろんなバリエーションでやってみます。


 今回は、ビハインドザショルダーと組み合わせてみましょう。肩の後ろから投げ上げます。
右手を後ろに下げて、右肩の後ろでボールを投げ上げ、ボールが体の正面に落ちてくるようにします。
この際も、手首と指先の力の使い方に注意してください。


ビハインドザショルダー自体をやったことがない人は、まずはその動きだけを練習してみると良いでしょう。
ボールを1個だけ持ち、肩の後ろから投げて、ボールが体の正面に落ちてくるようにしましょう。


このビハインドザショルダーは、無理して練習し続けると、肩を痛めてしまうので、
練習をする際は十分に注意するようにしてください。

(ビハインドザショルダーの動きが分からない人は、実際に動画をみてみてください。)


ショルダーオールリリース


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る