家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場

基本技


クロー・キャッチ
 クロー・キャッチというのは、通常ボールは手のひらを上に向けてキャッチしますが、(図1)それを逆に手のひらを下に向けた状態で、上からつかみ取るというものです。(図2)こうすることでジャグリングにスピード感を持たせることができます。
 これは非常に応用が利く技ですので、ぜひ習得しておきましょう。
(図1)通常のキャッチ(図2)クロー・キャッチ


クロー・キャッチを一回だけする
 まずはこの変わったキャッチの仕方に慣れるため1度だけクロー・キャッチしてみましょう。
まず右手でしてみます。いつものように3ボールカスケードをしている時に右手からボールを投げた直後、手のひらを返し、落ちてくるボールを上から素早くつかみ取ります。このとき、慣れないうちは左からいつもより少し高くボールを投げるとつかみやすいでしょう。
その後は上からつかんだ状態のまま右手から投げるのではなく、また手のひらを返し、いつもの状態に戻した後に投げます。

 これが右手で出来るようになったらもちろん左手でもする練習をしましょう。

クロー・キャッチを1回だけする


クロー・キャッチを同じ手で連続でする
 クロー・キャッチが大体わかってきたら、今度は同じ手から連続的に繰り出してみます。このときは常に手のひらを下に向けたままでジャグリングします。ボールを投げるときもずっと手のひらは下を向いています。
また、クロー・キャッチで取るボールを意識的に少し見るようにするとキャッチがやりやすくなります。

 これをするとき注意する所は、キャッチの時よりはむしろクロー・キャッチしたボールを投げる時にあります。
たいていの人は、慣れないことをしているため余裕がなくなってしまい、焦ってボールを投げようとしてしまいます。これによってボールの軌道が低くなってしまったり、前後にずれて飛んでいったりしてしまうため、ジャグリングしにくくなってしまうのです。
リラックスしてボールをよく見るようにして、落ち着いて投げましょう。

 これも左右どちらからでも出来るようにしておいてください。

クロー・キャッチを同じ手で連続でする


クローキャッチ・カスケード
 クローキャッチ・カスケードとは、すべてのボールをクローキャッチで取っておこなう3ボールカスケードの事です。単純な応用ですが、まったく新しい技のように見えてきます。とてもおもしろいパターンです。
 これは先ほどの「クロー・キャッチを同じ手で連続でする」が左右からきちんと出来ていればすぐにある程度できるようになると思います。もちろんボールを投げる時に注意するようにしましょう。

クローキャッチ・カスケード


 このクロー・キャッチは大変さまざまな応用があります。ハーフ・シャワーやリバース・カスケードもすべてクロー・キャッチですることもできます。あなたなりの応用をいろいろ考えてやってみるのも面白いでしょう。


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る