家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

3ボール応用技


エクスチェンジ
 ボールをベルトコンベヤーのように、腕を使って移動させます。別名「ベルトコンベヤー」とも言われます。


 まずは技の形を覚えましょう。

右手で
ツーインワンハンドをしてください。
左手は、
腕を上げてツーインワンハンドの頂点の高さと同じくらいの位置でボールを持ちます

ボールの軌道は下図のようになります。


エクスチェンジは、この形から、
右手のボール1個と左手のボールを交換します。


 それでは、やり方を説明します。
右手でツーインワンハンドしてる
どちらかのボールを、現在の左手の位置に投げます
 (つまり左上に投げ上げます。)
それと
同時に、左手を右にぐっと持ってきて、右手の上あたりでボールを離し、落とします。

そして、すぐに左手をまた元の位置に戻して、右手から投げ上げられたボールを掴みます。
そして、右手でまたツーインワンハンドへ戻ると、これでエクスチェンジを1回だけやったことになります。



 この、左手で持っているボールを、右手側へ落とすタイミングが早いか遅いかで、技が2種類に分かれます。
今回解説している「エクスチェンジ」は、遅いバージョンです。早いバージョンは「キャリー」と呼ばれます。


まず、エクスチェンジは、右手でのツーインワンハンドの動きを基準にして全体が動きます。
右手でのツーインワンハンドのテンポを「1,2,1,2,1,2・・・」と刻むとすると、

左手のボールを右側に落とすのは、常に「1」か「2」のどちらかのテンポの時です。
左手のボールを右側に落としたら、次は
右手では1回ツーインワンハンドのように投げその次の投げで先ほどのように左上に向かって投げます


まとめると、エクスチェンジでの右手の投げは、
「上、左上、上、左上・・・」と交互にこの2つの軌道を描いていくことになります。
そして、左上に投げたときに、左手を右側にもってきて、ボールを落とします。


エクスチェンジ


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る