FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

基本技


フラッシュ
 この技は、ジャグリングしている3つのボールをすべて投げ上げて、少しの間、手に何も持っていない状態にする技です。
ボールを「右・左・右」と投げ出した場合、キャッチは「左・右・左」と順番が逆に落ちてきます。
 フラッシュは3つとも同じリズムで同じ高さに投げ上げます。するとキャッチも同じリズムで「1,2,3」と落ちてくるはずです。もし等間隔に落ちてこないようならば、同じリズムで投げられていないか、同じ高さに上がっていないかです。注意して投げましょう。


ボールを1つだけ高く上げる
 それではまずは3ボールカスケードから1回だけボールを高く上げてみます。
高さは通常の3ボールカスケードの3〜4倍になるように投げましょう。
前後にずれないように、左右に広がりすぎたりしないように気をつけてください。また、どちらの手からも出来るようにしておきましょう。

ボールを1つだけ高く上げる


3ボール・フラッシュ
 今度はすべてのボールを一気に投げ上げてみます。まず先ほどのようにボールを1つ高く上げたあとすぐに、残っている2つのボールも連続的に投げます。
すると少しの間、手が空きます。その時に手を叩いてみるのもいいでしょう。パフォーマンス中に叩けば、観客に「手にボールを持っていない」ということをアピールすることもできます。
 また、投げた後余裕があれば手を叩く回数を2回、3回と増やすことも可能です。しかし難易度はあがります。ボールをいつものフラッシュよりも高く投げてみるとやりやすいでしょう。
 手を叩こうとするとフラッシュの形がくずれてしまうという人は、手を叩く事に気がいきすぎています。まずはきちんとボールを3つ投げ上げることに集中し、その後に手を叩くことを考えるようにしましょう。

3ボール・フラッシュ


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る