FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

3ボールミルズ・メス系


ミルズ・メス
 パターンの形が綺麗で、誰もが習得したいと願う技、ミルズ・メスです。
この技は仕組みは少しややこしいですが、1度理解してしまえばとても簡単なものになります。
文章だけでは難しいので動画も合わせて見るようにして、動きを理解してください。


2個のボールで練習
 まずは2個で仕組みを理解しましょう。両手に1つずつボールを持ってください。

@右腕を左腕の上になるように交差
A
右手のボールを右側に向かって投げ、その後に腕の交差を解く
B交差を説いた状態で、先ほどのボールを同じ軌道を描くように
左手のボールを右に向かって投げる
Cその直後、左腕を右腕の上に交差させ左手でAで投げたボールをキャッチします
D次に交差させた状態で、下になった右手でBのボールをキャッチ

 終わったときはちょうど交差させた腕が最初と逆になった状態です。

これが出来るようになったら上記の逆パターン(左腕が上になった状態から始める)も練習してください。
左右両方から始める方法がどちらも出来るようになったら、いよいよボールを3つに増やしましょう。

2個のボールで練習


3個のボールで練習
 今度はボールを3つに増やして練習します。
仕組みは先ほどと、さほど変わりません。まず右手に2個、左手に1個持ってください。

@右腕を左腕の上になるように交差
A右手からボールを1つ右側に向かって投げ、その後手の交差を解く
B交差を解いた状態で左手から先ほどと同じ軌道でボールを右に投げる
C左腕を上に交差させ、下の右手から残りの1個を右側に投げる。同時にAのボールを左手でキャッチ
D次にBのボールを交差させたまま右手でキャッチ。Cのボールはそのまま上にある左手でキャッチし、パターンを終了させます。

 すると、最初の逆で、左手にボールが2個、右手に1個乗っている状態になっているはずです。

これを左右どちらからでもできるようにしてください。これができればミルズ・メスの完成はもうすぐです。

3個のボールで練習


ミルズ・メス
 ここまでくれば、少しずつミルズ・メスの形が見えてきていることでしょう。
さきほどの「3個のボールで練習」のDを思い出してください。
Cで投げたボールはそのまま上になった左手でキャッチしていたと思います。

 しかし、左手にはすでのボールが1つ乗っています。
その乗っている邪魔なボールを、Cのボールが落ちてくる前に、左側に向かって投げておけばよいのです。
その直後に、空になった左手でCのボールをキャッチします。

 すると、その状態からすぐに「3個のボールで練習」の左右逆パターンが始められますね。

ミルズ・メスは、「3個のボールで練習」を左右交互にくり返しているだけなのです。

※ミルズ・メスは綺麗なパターンなだけに、投げるボールの軌道が非常に重要です。
  3つのボールが追いかけっこするように同じ軌道で投げるのがコツです。

ミルズ・メス


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る