FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

オーバーザトップ系


オーバー・ザ・トップ
 まずは3ボールの基本技、オーバー・ザ・トップ系の技の解説をしていきます。通常カスケードは、落ちてくるボールの内側を通して反対の手にボールを投げますが、この技は、落ちてくるボールの外側を通して反対の手に投げます。
 まず右手からオーバー・ザ・トップをしてみることにしましょう。カスケードをして、右手に落ちてくるボールの上を少し体の外側から投げます。このときの注意点として、右手からオーバー・ザ・トップで投げる直前に左手から投げたボール(オーバー・ザ・トップをしたすぐあとに右手で受け取るボール)を見ているようにすることが大切です。たいていの人はオーバー・ザ・トップで投げることだけに集中してしまい、次に右手で取るべきボールのことをそっちのけにしてしまっている場合が多いからです。
その後はまた、左手からは来たボールの内側を通すように投げ、3ボールカスケードに戻りましょう。


 ※ここでほとんどの人が苦労するのが、オーバー・ザ・トップをしたボールとその直前の左から投げたボールが空中で衝突してしまうことです。それには原因がいくつか考えられます。
1、左手から投げたボールが高くなってしまっている。または右手からのオーバー・ザ・トップが低い。
2、左手からのボールが右方向に飛びすぎている。
3、オーバー・ザ・トップが体の外側から投げられていない。


 衝突してしまう人は、左手からいつもより軽く投げてみるようにしましょう。そのボールの上をオーバー・ザ・トップで体の外側からいつもより少し強めに投げてみます。そうすることで左右のボールの高さや広さに違いがでて、衝突しにくくなります。

また、この技もなるべく早い段階で右手と左手、どちらからも出来るようにしておいてください。

オーバー・ザ・トップ


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る