家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

3ボールミルズ・メス系


ルーベンシュタイン・リベンジ
 なんかルーベンさんが誰かに逆襲したときの技っぽいです。(?)
この技は大学に入ってから先輩に無理やり教えられて覚えた技です。そんなに時間はかからなかったので、数日で簡単に習得できると思います。


2個のボールで形から。

 2個のボールで始めるのが基本です。正直これだけでも凄いと言われることはあります。

@両手に1個ずつボールを持ち、右腕が上になるようにクロスします。
A
下になった左手から軽くボールを真上に投げ上げます。
B右手で
ボールを掴んだまま、左手から投げ上げたボールの周りを反時計回りで回します
C腕を1周させ終わったら、右手で掴んでいるボールを離すように投げます。(浮いてるボールの右側からちょっと左側に向かって投げる。)
Dその直後に右手で左手から真上に投げたボールを掴んで、右腕が左腕の上に来るようにクロスします。
Eクロスして下になった左腕で、さっき右から投げたボールをキャッチする。


 逆パターンも練習してくださいね。右手から投げたボールの回りを左腕で回すほうのタイプです。
2ボールルーベン単発


2個のボールで連続で。

 さっきの練習を逆でもできるようになったら、連続でやってみます。

@さっきの練習でEまで行った後、腕のクロスを逆にします。つまり、今右腕が上にありますが、左腕が上にくるようにすぐにチェンジします。この時ボールは投げません。
Aその後はさっきの練習の逆パターンをやるだけ。つまり右手から投げたボールの回りを左腕で回すほうのタイプ。簡単でしょ?


2ボールルーベン連続


ルーベンシュタイン・リベンジ

 ここまで出来ていれば、後はボールを3つに増やして練習します。右腕を先に回すパターンから始めます。

だいたいの腕の動きを説明すると、まず左手にボール2つの時のように手をクロスします。
(この時、2個ボールを持つのは最初に投げるボールを持ったほうの手。)

 2個持ったうちのひとつを投げ上げ、そのボールの周りを右腕が回るようにさっきと同じ動きをします。

この時、最後に左手でキャッチしていたと思いますが、その前に元から左手に持っていたボールを真上に投げ上げます。
(この時、高く投げ上げておくと、これからのパターンを続けやすいです。)


 その投げ上げたボールが落ちてくる前に腕のクロスを逆にして、逆パターンの2ボールルーベンを始めます。


さっき右側に高く投げ上げたボールは、左の2ボールルーベンを始めた後に右手が空くので、
そのときにキャッチして、今度は左側に高く投げ上げます。

・・・つまり、高く投げ上げるボールは常に一緒ということです。す。


↓高く投げ上げるボールはいつも同じボールであることに注意してご覧ください。↓
↓というか、文だとハッキリいって説明不可能なので、基本的に動画で頑張ってください☆笑↓



ルーベンシュタイン・リベンジ


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る