家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

基本技


シャワー
 3個のボールが同じ方向にくるくると回る、おなじみのパターンです。お手玉なんかでもよく見られます。
基本技の中でもトップクラスの難しさでしょう。これが出来たら応用技にも挑戦してみても良いでしょう。


2個ボールの練習
 まず、ボール2個で感じをつかみましょう。
初心者でよく、「2個なら出来るんだけど」と言ってシャワーをする人がいますが、大抵の場合、間違ったやり方でやっているでしょう。
きちんと正しい形で練習するようにしないと、発展しづらくなってしまします。


 シャワーの基本的な形は、右手で左手に向かって上に投げ、それをキャッチした左手は投げずに右手に渡します
するとボールが一方方向に回転しているように見えます。
ここで問題となるのは、右手で投げることよりも、左手の投げ渡しの動作となります。普通の人は手を近づけて、手渡してしまいがちです。
しかし、本当のシャワーは左手はキャッチした位置から動かさずに、右手に向かって直線的に投げて渡すのです。
これがシャワーの最も難しいところでしょう。

 もう1つ、多くの人が右手の上への投げと、左手の渡す動作が同時になってしまいがちです。
ですがこの2つの動作は、交互におこなうようにしましょう。
「1、2、1、2・・・」とカウントを数えて、それに合わせて
「右、左、右、左・・・」と投げるとやりやすいでしょう。

2個ボールの練習


シャワー
 2個での練習が十分に出来るようになったら、3個に増やしてみましょう。
一見簡単そうですが、意外と苦労することになるでしょう。


 まず右手に2個、左手に1個持ちます。ですが「2個ボールの練習」のときのように「右、左、右、左・・・」と投げると、
右手の2個目を投げる前に左のボールが右手に向かって来てしまい、おかしいことになってしまいます。
右手の2個を投げきってから左手のボールを渡さなければいけないので、3個ボールのシャワーのカウントは、
、左、右、左・・・」といった感じになります。もちろんカウントのスピードは2個ボールの時より速くなっているので注意して下さい。
  右からのボールを左からのボールより上を通すように意識して投げるのがポイントです。


※問題点※
@シャワーの高さが低くなり、いっぱいいっぱいになってしまう。
  
これはボールを投げるリズムが違っているとおこります。落ち着いて、同じリズム、同じ高さで投げるように注意しましょう。

Aシャワーしていると体が回ってしまう
  これはボールが前後にかたよって投げてしまっているせいです。特に直す方法もありません。最初は気にせず練習しましょう。
  (故意に回転しながら投げるというパターンもあります。これを練習しても面白いでしょう)

シャワー


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る