家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

基本技


ツー・イン・ワンハンド
 片手のみで2個のボールを投げます。3ボールカスケードの次に練習すべきな基礎となる技です。
また、4ボールファウンテンをするのにも必要になってくる技です。


投げ方のパターン
 基本的にツー・イン・ワンハンドには3種類のパターンがあります。

@自分から見てボールが時計回りに回る
A2個のボールが共に垂直に上がり、2本の線ができる(コラム)
B自分から見てボールが反時計回りに回る

最初は@の方法で練習をするのが良いでしょう。慣れてきたら他の2つのパターンにも挑戦してみて下さい。
これからの応用にとても大切な3パターンです。

 ※初心者はボールを前から後ろに投げてツー・イン・ワンハンドをするといった、体と垂直方向の動きをしてしまいがちです。
   これはやりづらい上に、今後の応用もしにくいです。必ずボールが体の向きと平行な面を動くように、ボールを横へ投げましょう。


ツー・イン・ワンハンド
 投げ方は、自分の目の前に1つの円を想像し、そこを通るように投げます。ボールが1つ円の頂点に来たら、
それが落ちてくる前に同じ軌道でもう1つのボールを投げます。あとは落ちてきたボールをキャッチして、また同じ軌道で投げるを繰り返せば、パターンは完成です。

※問題点※
@ボールが空中で衝突してしまう。
   これはボールを外側に投げられず、真上に上がってしまうと起こります。
   慣れるまではボールを大きく外側に出すような気持ちでよいかもしれません。
A投げといると体が勝手に歩き出してしまう。
   3ボールカスケードの時の問題にもありましたが、これはまだ慣れていないため、投げる感覚がいまいち掴めていないので
   見当違いの方向へ投げてしまってそれをムリヤリ取りに行こうとするためです。
   上手になってくれば自然と動かなくなりますので、最初は特に気にしなくて良いと思います。

 また、ツー・イン・ワンハンドをする上での注意点は基本的に3ボールカスケードと同じです。できるだけリラックスして投げるようにしましょう。
ツー・イン・ワンハンドもできるだけ早い段階で左手でも出来るようにしておいてください。

ツー・イン・ワンハンド


BALL MANUALに戻る    TOPへ戻る