家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

その他


アンブレラ
 アンブレラは非常に見栄えのするパフォーマンスで非常に武器になる技です。その分習得は難しいのでがんばって練習しましょう。


 技神ではアンブレラ習得のために2つのステップを用意しています。
@左右端でディアをいったんとめるアンブレラ、名づけて「スローアンブレラ」を習得する。
A左右端でディアとめる時間を少なくし、本来のアンブレラにする。
  ではひとつずつやっていきましょう。


@スローアンブレラ
   アイドリングの状態から、ディアボロを左右どちらかに振り、
  (ここでは左に振ったものとして説明します。左に振る場合は左右逆にしてよんでください)
  左スティックの左側からサンのように弧を描き、右スティックの右側まで移動させます。
  このとき、左スティックには紐を引っ掛けないようにし、右スティックには紐を乗せ、そこでディアボロを支えます。
図1 ちょうど右側でこのような形になっています。
  (やり方が分からない場合は、動画を見て理解してください。正面からと横からの2パターン用意しています。)

   右スティックの右側でディアボロをとめたら、今度は、左スティック側にディアボロを移動させます。
  なるべく両方の手で斜め上に力を加え、ディアボロを動かします。
  ディアボロが左に来たときは、右スティックには紐がかかっていなく、左スティックの上には紐が乗っています。
  ちょうど先ほどと左右が逆になったような状態です。
  この手順の繰り返しで、ディアボロを左右に移動させますが、左右端で、一旦しっかりディアボロをとめること、
  力をなるべく両手でしっかりと斜め上方向に加えること、を意識して練習してください。


   動画:スローアンブレラ (正面から)  (横から)


A左右端でディアとめる時間を少なくし、本来のアンブレラにする。
   スローアンブレラのとき、左右端でディアをとめる時間を少なくしていくと、アンブレラになっていきます。
  少しずつとめる時間を少なくしていき、適切 なところで、スティックの上に紐を乗せるのをやめ、
  左右端にディアボロがついたら、すぐに斜め上に力を加え、ディアボロの移動を直接反転させます。
   アンブレラでは力の加え方が重要になります。
  しっかり斜め上に加えなければディアの高さが下がっていってしまいます。
   元の状態に戻すときは、ディアを左スティックの左側移動させたとき、右に返さず、そのまま下に落とすとアイドリングの状態に戻ります(最初に左側を通した場合)。


   動画:ディアとめる時間を少なくしする


アンブレラは非常に習得が難しいですが、できると簡単になる技です。がんばって習得してください。

アンブレラ


DIABOLO MANUALに戻る    TOPへ戻る